トップメッセージ

代表取締役 藤田充彦
〈トップメッセージ〉2016年に生まれ変わった若々しい会社です。第二創業期のスタートダッシュをともに駆け抜けてくれる人材を求めています。 代表取締役 藤田充彦

「成長を加速させるうえで、いちばんの課題は人材の確保。」「成長を加速させるうえで、いちばんの課題は人材の確保。」

日興タカラコーポレーションは、2016年4月に、創業30 年余の日興建設とタカラレーベンの戸建分譲部門が合体して、新たなスタートを切った若々しい会社です。2016年度に連結売上高が1,000億円を突破するなど、発展著しいタカラレーベングループにあって、その躍進の一翼を担う企業として体質を強化し、積極果敢な経営に拍車をかけ、さらなる成長を加速しようとしています。将来的には、大手ゼネコンと比肩し得る企業体を目指し、グループの中核として重要な役割を担う存在になりたいと考えています。
新たなスタートを切った今、大きな課題がひとつ。それはいっしょに成長のエンジンとなって活躍いただく人材が足りないことです。開発、財務、企画設計、施工、営業、すべての職務において、これからの人材を必要としています。即戦力となる業界や業務の経験者にご応募いただければこれほどありがたいことはありません。また、まったくの未経験者であっても、意欲に充ちあふれている方であれば、社内で経験を積み重ねていただき、じっくり育てたいと考えています。

「新しいことに挑戦し、成長していく。会社も、個人も同じです。」「新しいことに挑戦し、成長していく。会社も、個人も同じです。」

2017年に創業45周年を迎えたタカラレーベンは、半世紀近い歩みの中で、事業の失敗、バブル崩壊、リーマン・ショックなど、さまざまな危機や逆風に直面しました。しかし、従来のやり方や業界の常識にとらわれず、今までやってこなかった新しい挑戦を続けることで乗り越え、今日の成長を果たしてきました。その遺伝子を受け継ぐ日興タカラコーポレーションもまた、失敗を恐れず、新しいことに挑戦し続けて成長していく会社に他なりません。
転職を考えたり、就職活動をしている方々の中には、今の仕事では物足りない、もっと自分を成長させたい、さらに上をめざしたいという想いが強い方々が少なくないでしょう。日興タカラコーポレーションは、そういう方々がのびのびと活躍できる場です。風通しがよく、話しやすく、自分の意見を発信しやすい環境があります。社長室もオープンで社員も気軽に出入りしています。いろんな個性がひとつにまとまっているのもわが社ならではの特長です。

「失敗を恐れるな。常に前に向かってアクションを起こそう。」

私が社員にいつも言っていることは失敗を恐れるなということ。臆せず、前に向かって進もうとアクションを起こす、その気概が大事だと。現実の社会では〇でもなく、×でもなく、△で終わってしまう仕事が多い。そんな中、あの時あれをしていれば成功したのにという後出しの仕事は絶対してほしくありません。失敗したら繰り返すことなく、それを糧に次の成功につなげていけばいい。失敗を恐れて何もしないより、確実に何かを得られるはずです。
代表取締役 藤田充彦
トップへ